ANCHOR
2016/arita BG/-015 Cooking Pot 240
White Sprinkle
2016/arita BG/-015 Cooking Pot 240
White Sprinkle 2016/arita BG/-015 Cooking Pot 240
White Sprinkle 2016/arita BG/-015 Cooking Pot 240
White Sprinkle

2016/arita

2016/arita BG/-015 Cooking Pot 240 White Sprinkle

2016/arita

Cooking Pot 240
White Sprinkle
φ240 H110


スイスを拠点に活動するビッグゲームは、ドリップコーヒーを楽しむセットとケトルやポットなどのキッチンツールからなるシリーズをデザインしました。ベーシックなフォルムが特徴のアイテムはどれも、最も先進的な素材と最先端の製陶技術を用いて作られています。多孔質の磁器で作られたコーヒーフィルターは濾過フィルターの効果があり、柔らかな味わいが加味されます。ケトルや料理用ポットは、耐火度の高い土を使用しているため、直火やオーブン、レンジでの使用も可能です。料理をしてそのままテーブルに置けば食器としても活躍。日常の道具として幅広く応用が利くデザインです。


BIG-GAME
グレゴワール・ジャモノ(スイス)、エルリック・プティ(ベルギー)、オーギュスタン・スコット・ドゥ・マルタンヴィル(フランス)の3 名により2004 年にBIG-GAME を設立。現在はスイスのローザンヌを拠点に活動。
さまざまなプロジェクトを手がける傍ら、3 名ともスイスのECAL、La Cambres で教鞭も執っている。モットーは“混沌から進歩が生まれた” とするように、彼らのデザインにはさまざまなライフスタイルが調和されている。最初のコレクションの“Heritage in Progression” のコンセプトは、伝統的なライフスタイルと現代のライフスタイルの組み合わせ。“Pack. Sweet Pack” は家具として梱包材を使うなど、既成概念にとらわれないデザインを提案している。





2016/arita
「2016/」は有田焼の歴史と技術を継承する、グローバルブランドです。四世紀もの間受け継がれてきた、職人による技と、海外で活躍するデザイナーの感性を融合させ、これまでにない、現代的な器のシリーズを開発しました。

1616年。九州の北西部に位置する有田の山の中で偶然発見された陶石の欠片は、人々の知恵と努力によって美しい陶磁器に姿を変え、400年もの間、世界中の人々を魅了してきました。歴史や時代に翻弄されながらも、有田の人達は探求を繰り返し、色あせる事のないものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。2016年。400年という節目の年に、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと共に、新たな陶磁器ブランド「2016/」が誕生しました。

「2016/」はクリエイティブディレクターである柳原照弘とショルテンアンドバーイングスが手がける「エディション」と、15組のデザイナーが手がける「スタンダード」の2つのシリーズがあります。多様な文化背景を持つデザイナー達が有田焼を再解釈し、有田の技術を結集して、世界の日常に寄り添う新たなスタンダードを生み出しました。

¥25,300(税込)

在庫状況 : 在庫あり
数量 :

この商品のお問い合わせ