ANCHOR
Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ
Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ Fredericia  Piloti  Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ

Fredericia

Fredericia Piloti Model-6705 Coffee Table(サイドテーブル)Mサイズ Smoked Oak/Oil仕上げ

Fredericia
Design by Piloti


W:46.5cm*D39cm**H:41cm
素材:スモークドオーク
オイル仕上げ

made in DENMARK

「究極にシンプルなテーブルコレクションをデザインしたい」。デザイナーHugo Passos の、この強い思いからPILOTIテーブルは誕生しました。一枚の薄い板が4本の脚の上でまるで宙に浮いているような印象のPILOTIテーブルは、一見シンプルすぎるほど。しかしこの無駄なものが何一つない繊細なラインは、細部に至るまでの計算しつくされたデザインによるものです。天板断面の緩やかな曲線は、テーブルの表面をなめらかに見せ、さらにラウンド型の脚と一体化しているように見せてくれます。またPILOTIテーブルは、驚くほどの強度があります。それを証明するため、フレデリシア社内で成人男性がテーブルに乗るというパフォーマンスをしてくれました。それでもやはり、この華奢なテーブルは壊れませんでした。美しさだけではないのです。フレデリシアは長く使われていくための強度にも、こだわりと信念を持って品質を保ち続けています。PILOTIテーブルは4タイプの天板サイズ、2タイプの高さから選べる非常にスリムでシンプルなテーブルコレクションです。バリエーションが豊富なので、ネストテーブルとして組み合わせたり、様々な使い方ー例えばサイドテーブルとして、ベッドサイドテーブルとして、ホテルのロビーテーブルとしてお使い頂けます。組み合わせ方次第で、そのシーンに合わせて何通りにも形を変えることができます。

デザイナー Hugo Passosウーゴ・パッソス
ロンドンを拠点に活躍するポルトガル生まれのウーゴ・パッソスは、親しみやすく使いやすい、日常的なものをデザインしている。彼のモットーは、デザインは、まず、目的を持って機能しなければならないということ。使い心地やデザインに大きく影響する素材、構造、人間工学からアプローチするパッソスの信念は、フレデリシアのそれと深く共鳴し合っている。

Fredericia
50年以上にわたり、デンマークのクラシック家具を製造しています。
そのコレクションは、BORGE MOGENSENンやHANS・J・WEGNERといった巨匠の作品から、新進デザイナーの作品まで実に幅広く、時代の流れとともに新しい「名作」を次々と生み出しています。
モーエンセンが家具作りにおいて貫いた事のひとつに、コーア・クリントの教えでもある 「今までにあった家具を、よりよいデザインとして完成させる」(=リ・デザイン)の精神があります。

歴史あるデザインを見直して、生活から実用性を学び、その時代の生活に馴染むデザインにする事。モーエンセンはこれらのことを考えて、リデザインした作品をいくつか発表しています。

代表作に、旅先のスペインで見かけた伝統的な椅子の様式を現代的にリデザインしたスパニッシュチェアや、 18世紀の英国椅子をリデザインしたウィングバックチェアがありますが、これらをリリースするよりも約10年前から FDBモブラーで、リデザインを既に形にしていたのです。
このJ39は、1942年にモーエンセンがFDBに入って与えられた「庶民の為に、末永く愛される安価で高品質な椅子を」という課題に対して 5年の歳月をかけて作り上げた作品です。

必要最低限なパーツによる簡易的な組み立てと手編みが必要なペーパーコードを使用することにより、 市民にも手伝いを求め、歩合制により賃金を支払い、市民の生活を確保しました。

組み立てに参加した市民には郵便局員や八百屋など、 本来、家具職人とは関係のない人まで参加し、さらにモーエンセンは導入されたばかりの大型工具を使用し可能な部分を工業化することで、徹底的に生産コストも抑えました。

庶民の為だけに家具を作るのではなく、その家具に携わる人々も幸せにする。 モーエンセンは家具を通して、全ての人たちをより豊かにしたかったのではないでしょうか。

デザインは、アメリカのシェーカー教徒が教会で使っていた椅子をその当時に合わせてリデザインしたもので、 この頃、リデザインを実現します。

シェーカー家具の特徴でもあるまっすぐに伸びた脚や 組み立ての際に特別な工具などを必要としない 簡素な造りをそのままに、一切の無駄をなくした 「近代北欧家具デザインの父」であるクリントの正当な弟子として その教えの全てを結集したデザインになっています。

簡素な組み立てといっても木と木の接合はしっかりとしており、さらに枠を段違いに取り付けることでペーパーコードの座面に傾斜が付き、 深く腰掛けた時に体への負担が少ないよう配慮されています。

そんな背景や機能的な椅子だからこそ、「人々の椅子」として デザインが完成してから70年以上経った今でも生産され、愛され続ける名作椅子なのではないでしょうか





納期:10日程度
配送費:別途発生いたします。お見積もりさせていただきます。






AILAの姉妹店
芦屋東山町にショップがあります LIFESTYLE SHOP COKUにて販売しております。
ミッドセンチュリー期の代表的なデザイナー ハンスウェグナーやボーエモーエンセン、アルネヤコブセン、ナナ・ディッツェル、ジャスパー・モリソンなどの作品を展開。
テーブルアクセサリー(雑貨)はfresco、STUDIO PREPA、公長斎小菅、我戸幹男商店など日本の職人による作家を取り扱い、合わせてご覧ください。
ホームページ:https://coku-japan.com/

¥127,600(税込)

在庫状況 : 在庫なし

SOLD OUT
この商品のお問い合わせ