ANCHOR
【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !!
【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !! 【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !! 【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !! 【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !!

pp mobler

【特別価格!!】PP mobler Hans J Wegner(ハンスJウェグナー) pp68 the last dining chair /OakOil ラスト1脚 !!

【展示品特別価格!!】

ラスト1脚となりました!

弊店では、
2024年7月の価格改定後も、展示品に限り、特別価格でお案内いたします。

価格改定後の定価290,400円(税込)よりも、大変お求め安くなっておりますので、
是非この機会にご覧くださいませ♪

※店頭展示品に限ります。



PP mobler


Design by Hans J Wegner

pp68 chair

W:58cm*D:47cm*H:70cm*Sh(座面高さ):44cm
素材:オーク材
座面ナチュラルペーパーコード
オイル仕上げ

納期:7日以内
配送費:別途お見積もりいたします

made in DENMARK

座り心地を追求し続けたウェグナーの作品の一つで
“いろいろなスタイルで座れる椅子をデザインしてみよう”と
PPモブラー社のアイナー・ピーターセンとの話し合いの末、
1987年に完成したのが「PP68」です。

PP68はもともとウェグナーによって、
DSBフェリーのためにデザインされていたが、
DSBは最終的にウェグナーの別モデルPP208を採用する事になり
その後も改良に改良を重ねて現在のデザインへと至り、
PP58/68の製造を開始しました。
浅く掛けてもよし、または深く腰掛けて背もたれより
ヒップ部分が突き出た状態でもフィットしたりと、
まさに「座り心地」をテーマに掲げるウェグナーならではです。

後脚2本だけで肘掛の機能を持つ笠木(背もたれの板)を支える構造は
それまでのウェグナーの代表作にも多く見られますが、
製作にはコストと職人達の腕が必要でした。
この作品では1本の木材を蒸気熱で蒸して曲げることに成功し、
さらにはコストの大幅な節約が実現し作品の完成につながりました。


PP Mobler
PP Mobler (ピー ピー モブラー)の歴史は浅く、創業は1953年です。ですが、創業以来一環した厳格な製造哲学によって生み出される家具は、老舗の家具製造会社を圧倒するほどの魅力を放ち、デンマーク国内はもとより、世界各国で深く認められています。


Hans J Wegner
デンマークデザイン界において、最も創造性と独創性に溢れれたデザイナーと言えるのが、ハンス J. ウェグナー (1914-2007)。椅子の巨匠として知られ、500脚以上の椅子をデザインしています。そしてその多くが現在名作として、国際的に高い評価を受けています。

「デニッシュモダンと言われるあの独特のスタイルはどのように作られたのか」と、デンマーク国外の人々から頻繁に聞かれていたウェグナー。デザイン界の大きな流れとなった、デニッシュモダンを牽引したデザイナーの一人としてウェグナーは、これに対しこう答えたことがあります。
「デザインをより純粋なものにしていくプロセスによって作られたのだと思います。私にとってそれは、よりシンプルにしていく作業。4本の脚、座面、背、アーム、そしてそれをつなぐフレームというように、必要最小限なところまで、無駄をそぎ落とすということなのです。」

シンプルな美と機能性を追求し、その家具の核となるもの、その家具の本質ともいえるべきものを露わにしていく。これが、ウェグナーが後世に遺した最も大きな功績と言えます。

ハンス J. ウェグナーは、1914年に靴職人を父にデンマークとドイツの国境の町、トゥナーに生まれました。家具職人 H.F スタルベアーグの元で家具を学び、17歳で家具職人の資格を取得。3年後コペンハーゲンに移り、1936年から1938年まで工芸スクールに在籍した後、デザイナーとしての活動を開始しました。

1940年、ウェグナーはアルネ・ヤコブセンとエリック・ムラーが担当する、オーフース市市庁舎の建築プロジェクトに参加し。そこに納める家具をデザインしています。またデニッシュデザイン界に大きな貢献を残した家具工房 ヨハネス・ハンセン社との協働もこの年に始まっています。

国内外を問わず多くの展示会では数々の賞を受賞し、MoMA(ニューヨーク近代美術館)を始め、多くの公共機関にコレクションされている。

1984年 デンマークのクイーンよりナイトの称号を受ける。
1995年 ウェグナー美術館が故郷トゥナーにオープンする。

代表作に『Yチェア』『ザ・チェア』『チャイニーズチェア』などがある。



AILAの姉妹店
芦屋東山町にショップがあります LIFESTYLE SHOP COKUにて販売しております。
ミッドセンチュリー期の代表的なデザイナー ハンスウェグナーやボーエモーエンセン、アルネヤコブセン、ナナ・ディッツェル、ジャスパー・モリソンなどの作品を展開。
テーブルアクセサリー(雑貨)はfresco、STUDIO PREPA、公長斎小菅、我戸幹男商店など日本の職人による作家を取り扱い、合わせてご覧ください。

ホームページ:https://www.coku-japan.com/product/pp68-last-dining-chair-oak-oil

詳細をブログで紹介しています。こちらもご一読くださいませ。
https://www.coku-japan.com/post/pp68

¥234,685(税込)

在庫状況 : 在庫あり
数量 :

この商品のお問い合わせ