ANCHOR
fresco kasumi bowl gray S
fresco kasumi bowl gray S fresco kasumi bowl gray S fresco kasumi bowl gray S

fresco

fresco kasumi bowl gray S

fresco

グレー

霞がかった空気のような、独特の雰囲気をまとう「kasumi」シリーズ。

吹きガラスならではの色合いとかたち、テーブルに映える美しいガラスボウル
サラダやフルーツ、デザートなどにおすすめです。

宙吹きという技法で、ひとつひとつ手仕上げされたボウルは、ちょこっと付いた控え目な高台から伸びやかに広がるシルエット。吹きガラスゆえに生まれる独特の揺らぎは、どれひとつとして同じ表情のないボウルを生み出します。
料理をさり気なくも美しく引き立ててくれます。

透明ガラスに色のパレットを重ねて生み出す独特の質感のうつわ。
透明度、色彩、風合い、その表情のバリエーションは無数にあり、
四季を通じて使いたくなるのが、frescoのガラスです。


SIZE
約φ180×H50mm



fresco
2005年、大阪でスタートしたガラス作品ブランド。
ガラス作家の辻野剛の個人工房から発展していきました。
テーマは「ブランドの持つ“信頼性”と、ハンドメイドという“オリジナル性”を両立すること」
すべての作品がハンドメイドで作られており、世界にひとつしかないオリジナリティあふれるガラス作品に出会うことができる。


デザイナー辻野剛

20年以上のガラス工芸技術の実績を礎に、
2001年、ガラス作家・辻野剛さんが大阪府和泉市にガラス工房「fresco」を創立。
2005年にはガラスブランドとして「fresco」を立ち上げました。
ブランドがもつ“信頼性”とハンドメイドという“オリジナル性”の両立をテーマに掲げ、
現代の暮らしに溶け込むガラス製品を提案しています。
高い技術力を有する辻野さんだからこそ創造できるvenetian classics。
透明ガラスに色のパレットを重ねて生み出す独特の質感のうつわ。
透明度、色彩、風合い、その表情のバリエーションは無数にあり、
四季を通じて使いたくなるのが、frescoのガラスです。
「一つひとつ個性のあるガラスを使い手の感性で選択してほしい」と話す辻野さん。
“つくる”という表現と“選ぶ”という表現の融合は、
frescoとのつながりを意味しています。

[ プロフィール ]
1964年大阪市生まれ
1985年大阪デザイナー専門学校卒
1986年アメリカに渡り、ピルチャックなど様々な学校や工房で吹きガラスを学ぶ
2001年大阪府和泉市にガラス工房「fresco」を創立
2005年ガラスブランド「fresco」を立ち上げる。以後スタッフとともに、ガラス製品の制作に取り組んでいる。


2点写っている写真
右の白い器がSサイズ
左がSSサイズ
になります。




4つの器、掲載の写真
左から、
Sサイズ イエロー:http://aila-online.com/?pid=152304095
Lサイズ グリーン:http://aila-online.com/?pid=152304165
SSサイズ グレー:http://aila-online.com/?pid=152304075
Mサイズ パープル:http://aila-online.com/?pid=152304011

¥8,470(税込)

在庫状況 : 在庫なし

SOLD OUT
この商品のお問い合わせ